教育現場に導入されるIT

皆さんは、子供の頃学校で勉強をするときの必需品といえば「ノート・筆箱」が必須でしたよね。
しかし、今の学校の授業ではこういったものは全く必要がないようなのです。一体どういうことなのでしょうか。少し調べてみたいと思います。
日本のITの技術は素晴らしいものだとニュースなどで日々目にするようになりました。一昔前は大人も「手帳とボールペン」は仕事をする上で必須のアイテムだったのではないでしょうか。
しかし、今ではその仕事のやり方も少し変わってきていると言います。どのように変化したのでしょうか。
それは、もう紙と鉛筆の必要性が薄れてきているという点です。では、現代の社会人はどのように仕事をしているのかというと近頃では持ち歩けるタイプのパソコンというものが発売されています。一昔前までは、パソコンと言うと「デスクトップ型・ノートパソコン型」の二種類しかありませんでした。ノートパソコンは持ち歩くことができるものなのですがその重さはかなり重く、またバッテリーなどの付属品を持ち歩かなければいけないため、当時は画期的なものだと言われていましたが今になって考えてみるととても不便でした。
現代では「スマートフォン」というものが普及したおかげで、それを応用したパソコンというものが発売されています。昔のノートパソコンとは違いとても軽量でバッテリーの持ちも良くなりました。実は、子供の教育現場でこの製品が導入されているのです。親世代には考えられないことなのかもしれませんが、早いうちからIT教育をすることでその子供の可能性を引き延ばす効果が期待されていると言われているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です