リアルタイムで情報を入手できる現代

近頃のIT技術の進歩は、本当に凄いですよね。こうしている間にも様々な機能が作られているのです。私たちは、何気なくその新しい機能を使うようになりいつの間にかその機能が無くては生活できなくなるのです。その身近な例として天気予報が挙げられます。次の日の天気を知るための手段として、一昔前はテレビの天気予報を見るということしかありませんでした。それが、今ではどうでしょう。出先で友人と明日の予定を決めている時、以前だったら「夜の天気予報を見てから考えよう。」とか「雨でも出かけよう。ヤリとか弓が降ってきたらちょっと考えよう。」なんていう冗談を言い合いながら夕方の天気予報を楽しみにしていたものです。それが今では「天気予報を見てみるからちょっと待って。」と言い、携帯電話で確認できるのです。携帯電話での確認の仕方も、文字を入れて検索する方法だけに留まらず近頃では音声認識という機能まで登場しているそうです。これは、携帯電話にマイクのマークが出てきたら携帯に向かって話しかけるだけで自動的に検索結果を表示してくれるという機能です。体の不自由な方にとってはとても便利な機能と言えるでしょう。このように、初めは家やテレビのある所でしか知ることができなかった天気予報ですが、今では携帯電話に話しかけるだけでどこの国の天気予報も表示してくれるようになったのです。しかし、今は画期的な機能ということができますが生活の中に定着し違和感がなくなる時が必ずやってきます。その時はIT技術の進歩により、また新たな機能が登場してくるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です