便利なだけではないメール

IT化が進んでいく中で、便利になったものの一つとして「電子メール」と言うのが挙げられます。昔は電話や手紙などが連絡手段でしたが、今はこの電子メールのおかげでビジネスシーンでも日常生活でもかなり便利になったと言えます。電話のように時間を気にせずに要件が伝えられるということ、送信すればすぐに届くので時間のロスがないということ、ビジネスなどのときに、会議の資料や画像などをデータとして送れることや、複数の人に一気に要件を伝えられるなど様々なメリットがあります。時間短縮と言う点では世界中どこにいても必要な事柄をデータとして送ることが出来るので、ビジネスマンにとってはかなり役立ちますよね。しかしメリットばかりでないのが文明の利器の悲しいところでもあります。メールだと顔が見えないため、雑になりやすく、電話と違い確実に相手に内容が伝わっているのか?などの心配も出てきます。また、顔が見えないという部分に至っては、そのための犯罪なども増えてきています。誰かになりすます「なりすましメール」やいろんなサイトのURLを張り付けた「迷惑メール」などどんなに拒否していても、そのセキュリティをかいくぐってきますので大変です。その他返事に急を要する場合などにも不便ですね。なので、いくら電子メ-ルが便利だからと言って電子メールばかりに頼るのではなく、うまく電話と電子メールと手紙の使い分けができると良いですね。それから電子メールを使うときのマナーをしっかり守って、便利に活用していくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です